Offshore Serviceについて

いま、日本IT業界では中国ブームが 巻き起こっている。長引く不況の影響で、情報システムやパッケージなどソフト開発の低コスト化が 厳しく求められているからだ。中国市場に乗り遅れないように日本企業の目はますます中国に向いている。 安い労働力を武器に「世界の工場」となった中国、その安い労働力に目を向け、中国にソフトを発注する日本 のシステム・プロバイダが急増している。特にJAVAをはじめとするオブジェクト指向技術など最新のIT技術に ついては日本企業を上回る開発力をもっているといわれいる。また中国側も国家レベルでソフト産業の育成に 注力しており、技術者の質と量は数年前に比べて飛躍的に延びつつある。弊社は日本国内の急激な市場変化に伴い、 日本企業からの高品質の要求、開発コストの低減に一早く応えるため、中国子会社の特性を生かしたサービス(品質、 価格、納期)を継続的、かつ安定に提供したことで日本企業から高い評価を頂いております。また、会社発足後、日本 企業との信頼確保に努力し続けたことで実績も順調に推移し、弊社に対する日本企業の期待感が確実に伺えます。 今後、更に市場が変化する中で日本企業のニーズを正確に把握・対応することで信頼関係を構築し、益々この分野での 成長、発展を遂げたいと考えております。Java、C++、.NET、COBOLのスキルをもっている日本語を話せるBridgeSEと 中国側のPM・PLとタッグを組んでプロジェクトを完結いたします。弊社の役割は仕様固め・進捗管理・アフターフォローです。 オフショア開発で一番懸念される工程作業を弊社が補うことで、安くて早いシステム開発を日本国内のお客様が安心して採用することが可能になります。

オフショア開発の流れ

具体的なプロジェクトに合わせて、開発チームを構成し、オンサイト開発とオフショア開発の両方の対応が可能です。